役立つベビーカー知識

ベビーカーは赤ちゃんの成長や用途に合わせて選びましょう。腰がすわる前と後で、選ぶベビーカーも変化していくので、ぴったりのベビーカー選ぶための基礎知識を学びたいところです!
質の良いベビーベッドをお探しの方は「ベビー布団はオフィスライズ」も覗いてみてください。

また、ベビーカーとあわせて出産祝いでおむつケーキを頂いた方も多いのではないでしょうか?おむつケーキは食べられるケーキではなく、おむつでデコレーションしたかわいいギフトです。ベビーカーと同様に、もしプレゼントとして購入するなら事前に赤ちゃんのサイズを確認しておいてください!

ベビーカーもおむつのサイズも成長と共に変わってきます。買ったはいいけど、赤ちゃんが大きくてベビーカーに乗せることができないとなると本末転倒ですからね。それに、可愛いからといっておむつケーキを飾っておくのは避けた方がいいでしょう。いざ使おうと思ったときにサイズが小さくてはけないなんてことも多々あるからです。

出産のお祝いにお花をもらった方もいるでしょう。そのお花は生花ですか?!プリザーブドフラワーですか!プリザーブドフラワーだったら問題ありませんが、生花だったらお水の取替えなど小まめに行ってくださいね。せっかく頂いたお花はなるべく長持ちさせたいですからね。プリザーブドフラワーを頂いた方は枯れないのでご安心を。

出産祝いに関するちょっとした知識をご紹介しましたが、
ここからはベビーカーの知識をきちんとお伝えします♪

ベビーカーを選ぶための知識

いつから使い始めるのか考える
A型、B型、どちらが生活に合っているか
使い勝手、安全性は優れているか

ベビーカー知識 「さまざまな種」

ベビーカーの知識 「A型とは?」

ベッド型のベビーカー。首がすわってなくても使用できる。
日本のA型では生後2カ月からでないと使用してはいけないことになっているが、チャイルドシートにもなる衝撃吸収効果の優れたものなどには、新生児からの使用がOKの商品もある。

ベビーカーの知識 「B型とは?」

赤ちゃんに座らせるタイプのベビーカーで、腰がすわるようになってから使用する。

A型とB型では使用月齢がわずか5カ月しか差がないけれど、この5カ月の間に赤ちゃんの状態が飛躍的に変わる。そこが赤ちゃんの成長を見て取れる部分でもあります。ですから、両方買っている人も大勢いる。

 

折りたたみ機能
ベッド状態で赤ちゃんを支える背板が入っているため、横幅はたためないものがほとんど。携帯や収納にはやや不便。
日除け
肌がデリケートな赤ちゃんを日射から守るため、ほとんどの商品に日除けがついています。多さや取り外しはまちまちです。
ベルト・安全バー
赤ちゃんがシートから落ちないように、安全ベルトやプリザーブドフラワー論とバー状のガードが。ガードは乗せおろし時には外せるし苦になっている。
ハンドル
ママの体型にあわせるための高さ調整ができるものや、赤ちゃんと対面式におせるよう、向きが変えられるものもある。
リクライニング
A型の場合は必須の機能。首がすわらない赤ちゃんを乗せるため、フラットに近い角度まで倒せるものがほとんど。
タイヤ
径が大きいほど、衝撃が伝わり難いため、B型より大きめ。前輪は方向転換用に回転キャスター式に。

 

折りたたみ機能
B型ベビーカーの本領が発揮される折りたたみ機能。横幅も狭くコンパクトにたためて、持ち運びや収納にも優れている。
日除け
コンパクトさを重視した角形の日除けタイプもあるが、日差しを遮る機能としては、やはり丸型の幅の方がベター。
ベルト・安全バー
動きが激しくなってきた子供をイスのように起こして座らせるため、安全ベルトは必須。安全バーがあるとより安心。
ハンドル
あ型同様、商品によっては高さ調整が出来るものも。全体の幅が狭い分、ハンドルもA型より狭くなっている。
リクライニング
B型の認定基準ではリクライニング機能はなくてもよいことになっているが、眠ったときなど倒せるとより便利。
荷カゴ
本体がコンパクトな分、荷カゴも小さめ。ハンドルに買い物袋をかけている人は転倒の恐れたがあるので辞めて。
タイヤ
径が多き方が方向は安定するが、B型の場合、形態性や軽量化を重視して小さめのタイヤがほとんど。

Valuable information



最終更新日:2019/3/6